仕事も子育ても落ち着きを迎えたこれからの人生をと・・ふと考え始めた時。
忙しさのなかで楽しむゆとりのなかった”暮らす”こと”住まう”ことの
ひとつひとつを大切にしながら残りの人生を楽しみたいと・・
今回の家づくりを決心。

床を磨くことや、庭木の手入れ、掃除や住まいの繕いまでも楽しみたい。
そして借景でもあるイチョウの木とともに日本の四季を感じながら過ごしたい。

効率よりも効率のなかで忘れ去られようとする住まいの豊かさに想いをよせ。
ゆっくりとじっくりと時間をかけながらの家づくり。
金物や合板やボードなどの建材物を可能なかぎり使わない
職人さん本来の技と知恵をもってこその”昔ながらの家づくり”を見直しました。

老いながらも手を入れていく事で美しくなっていき、
人にも自然にもやさしい昔ながらの家づくりです。