本格的伝統構法での家づくり

マンション購入計画から輸入住宅そして高気密高断熱と建て主さん自身が勉強していく中で行き着いた、昔ながらの家づくり『本格的伝統構法』。

地震にたいして柳のようにしなやかに柔らかく、そして粘り強く。
100年200年と保つための家づくり。
27坪という小さな住まいだけど
『昔ながらの住まい』が宿していたような
本当に安心して快適に心地よく、末永く住まっていくための住まいづくり。

そんな住まいを取り戻すための家づくり。

『孫にのこしたいような住まい・・』
それは
人にも環境に優しい家、職人さん達を育むような家、日本の和の心を尊ぶ家づくりでした。